車の外装色(カラー)で迷ったらこう選べ!!

中古車購入の際、何色にしようかと迷ったときのポイントをお伝えしていきます。

8d6e9127c44742687af17b58f41c7e11_m

新車購入時のも同じことが言えますが、色の選び方としては、いくつかの選択方法があります。

1.買い取り時の相場を考えて人気色を選ぶ。

中古車は色によって相場が結構変わってきます。
新車でもパールなど特別塗装にするとプラス料金が掛かったりしますが、中古の価格幅はかなり大きいです。

では、中古相場が一番高い色は何色かというと、
黒です!
間違いなく黒です。
商用車は別ですが、どの車種も黒は買い取り価格が一番高いといえます。

e9556905e2ccffb5bd4b8a56ef3fda25_m

ただ、デメリットとしてはメンテナンスが少し面倒といえるでしょう。

薄汚れや薄キズでもわかりやすいので、常に洗車をしていないとすぐに汚れが目立ってきてしまいます。
板金塗装などした時にも塗装の跡が一番わかりやすいのも黒です。
購入時に、ほかの色と比べ価格が高くなるのも必至です。

2.メンテナンスが楽な色を選ぶ。

つまり汚れが目立たない色という事になりますが、シルバー系や白、パールホワイト、あたりです。

b969fa2e78155ed2733eef98715f5432_m

濃い塗装よりも退色などもしにくい色でもあります。
世の中で一番流通している色がこの辺のものでしょう。

相場も黒ほどは高くならないと思います。

一般的で無難な色で車種によっては、シルバーなどは安っぽく見えてしまうかもしれません。
その点パールホワイトはどの車でも合うのと、キレイ目に見えるので個人的にお勧めします。

3.他の車と被らない奇抜な色を選ぶ。

最近の車はカラーリングが豊富で、奇抜な色が結構でてきました。
イエロー、オレンジ、明るいメタリック、部分ツートンなど。
目を引く色を選んで個性を出す楽しみも良いでしょう。

f499fc8c83f9610280d79272abac47d7_m

黒やパールやシルバー系よりも安く買えるメリットもあります。

デメリットは買い替え時の買い取り価格が低くなるという可能性があります。
一般的な色よりも売りにくいのが現状です。

明るい色はメンテナンスしないと退色が出やすかったり、色ずれが分かりやすくなることがあります。

4.購入時に安く買うため不人気色を選ぶ。

3と少しダブりますが、同車種、同グレードでも購入価格を抑えたいという方はこの方法があります。

不人気色とは、これも車種によってですが、ゴールド、グリーン、ベージュ、水色、イエロー、ワインなどでしょうか。

当然デメリットとしては、買い取り価格が安くなります。

まとめ

 

s_picjumbo.com_HNCK1538

重要なのは、不人気色やメンテナンスが大変な色はありますが、以上の特徴を分かったうえで、購入者本人が一番納得のいく色を選んでほしいものです。

愛車選びの重要なポイントになる色選びは後の後悔のないように検討してください。

以上の点を踏まえて中古車選びの素材として参考にしていただければと思います。

ほしい中古車をお探しの方はこちらから!!