メーター改ざん車とは

メーター改ざん車とは何か?

  • オドメーター巻き戻した経歴がある
  • オドメーター不良状態のもの
  • オドメーターを交換したが記録簿がない
f2d3f1c1ef765233783cf5f69872c13c_m

など、簡単に言えば実走行がわからなくなってしまっているものといえます。

申告して売る分には問題ないのですが、それらを実走行として販売すると問題になります。

メーター改ざんの定義は?

メーター改ざんである証拠がないとメーター改ざん車とは言えません。

  • 現走行距離より多い走行距離で過去に整備した記録簿があった。
  • 現走行距離より多い走行距離で過去にオークション会場で出品歴があった。

など具体的な証拠がないとメーター改ざんとは確定できません。

中古車オークションで仕入れた車両はチェック済み!?

中古車オークションでは出品される車両にはすべて、走行管理システムにかけられ、過去に出品された車両が現在の走行距離より少なくなっていないか、過去にメーター改ざん歴で出品されていないかをチェックしています。
走行管理システムで引っかかった車両は出品できないどころか、仕入れ先や、売買契約書の提出を求められます。

ではメーター改ざん車をどう見分けるか?

車両を見てメーター改ざんかどうか確実に判断するのは残念ながら不可能といえます。
しかし距離相応かどうかの見極めをすることによって、回避できる可能性は高まります。

  • ハンドルの擦れ
  • ペダルの擦れ
  • シフトノブの擦れ
  • シートのへたり
  • 消耗品の総合的の減り具合
  • オイル関係クーラントの状態
  • エンジンのブレ(マウントのブッシュのへたり)
  • シフトのガタつき

など
まずはこの辺の部位が距離相応かチェックしましょう。

車の乗り方、扱い方によって消耗品の減り方や擦れへたりの度合いが様々なので
全体的にチェックすることが大切です。

メーター改ざんとして売られている車を買わないほうがいい!?

走行距離は整備する上で重要な目安となります。
メーター改ざん車は当然、整備記録などあってもあてにはなりません。
走行距離が分からない状態だと、メンテナンス状況や整備すべき時期が分かりません。
タイミングベルトを使っているエンジンは特殊な車でなければ10万キロくらいが交換の目安ですが、走行距離が分からないと、すでに交換時期を超えているのでは?と、安心して乗れません。

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_m

全くメリットがないメーター改ざん車!

年式の古い旧車であれば別ですが、メーター改ざん車は販売価格も適正なのかも分からないといえます。

まとめ

間違ってもメーター改ざん車を買わないためにも入念なチェックは必要ですが、一般の方には、なかなか見極めるのは難しいですね。
そのため、信用のできる店舗選びと、記録簿がある車を選ぶなどして購入することを心がけましょう。

日本オートオークション協議会が行っている走行管理システムで有料のチェックを行っているので、こちらに利用するのも良いでしょう。

一般社団法人 自動車公正取引協議会